So-net無料ブログ作成
検索選択

楽天と日本郵便は「1回で受け取った際の楽天スーパーポイントの付与」など不在再配達削減に向けた連携の強化を発表! [生活・健康]

楽天


再配達削減へ。

コチラで紹介していましたが、ヤマト運輸は「物量の増加」とそれに伴う「再配達の増加」がによる配送員の負担が問題になっています。

先日のニュースでは、ヤマト運輸が「アマゾンの当日配達から撤退」という報道もされていますね。

配達が一度で済めばいいと思いますが再配達になるとただの無駄足になり仕事が終わらない。想像するだけでも相当な負担な気がします[ふらふら]

再配達の削減に向けて、例えば、パナソニックでは宅配ボックスを発表しています。ただ、プレスリリースによると「受注量が想定以上」になったことで供給が追いつかないため「4月3日から6月1日へ発売延期」するようです。

他にも再配達削減を目的にセブンイレブンやファミマ、ローソンに「宅配ロッカー」を設置するなど「コンビニ受け取り」の普及を推進していますね。

日本郵便もコンビニに宅配ロッカーの設置を進めていますが、楽天と日本郵便は再配達削減に向けて宅配ロッカー「はこぽす」を活用した連携の強化を発表しました!
(参照元:不在再配達削減に向けた楽天と日本郵便の連携強化

楽天と日本郵便は「1回で受け取った際の楽天スーパーポイントの付与」など不在再配達削減に向けた連携の強化を発表


楽天は通販サイトですが通販側も再配達削減に取り組んでいますね[グッド(上向き矢印)]

アマゾンの当日配達からヤマト運輸が撤退すれば、楽天の配達サービスが「長所」になるかもしれないですよね。一度で受け取った場合「楽天スーパーポイントの付与」を検討しているとか。

楽天と日本郵便による再配達削減の施策についてプレスリリースより抜粋します。
施策の内容
楽天と日本郵便は、ECサービスの利用者が不在を気にせずに、商品を一度で確実に受け取れるようなラストワンマイル配送サービスの仕組みの整備や施策を検討していきます。

具体的には、次のとおりです。
(1)拠点受取サービスの拡充(コンビニエンスストア、郵便局、はこぽす、楽天BOXでの受取)
(2)指定場所配達サービスの実施
(3)通知サービスの充実
(4)1回で受け取った際の楽天スーパーポイントの付与


再配達しないことでポイントが付与されるのは面白いですね[わーい(嬉しい顔)]

「ポイント付与」による再配達削減は配達側だけでなく受け取る側にもメリットがあるので、協力が得られやすいように思います。

NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!
ドコモ口座キャッシュゲットモール

タグ:楽天
nice!(44)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感